完全無人化への挑戦

業務の無人化を促進
自然対話AIプラットフォーム

これまで人が行っていた単純業務はAIが代行する時代

AI自浄努力

人はお客様との折衝や重要な判断などに時間をかけることで
より質の高いサービスを提供することができます

AI Lineup

Basic Type

最新の自然言語処理技術と、膨大な語彙、機械学習を駆使した自然対話プラットフォーム。人の様に自然なスピードで対話し、雑談しながら成長していきます。様々なカスタマイズが可能です。

チャットボット





FAQ version

質問(Q)と回答(A)のデータを読み込むだけで利用可能なシンプルなFAQ型プラットフォーム。
導入も手軽に行えるため、チャットボットで業務改善をご検討中の企業様に最適です。

対話をしながら、ユーザーへの最適解を最短ルートでご提案します

コールセンター





目的達成 version

ユーザーとの対話から不足内容を補いつつ、目的達成に向けてユーザーを導きます。
対話の流れで感情等も汲み取りますので、機嫌が良いときに商品の提案を行うなど、絶妙なタイミングで人のような応対を行います。

ユーザーの感情や意図を読み取りながら目的を遂行する様努力します。
ユーザーの返答を学習する事で、より一層ユーザーに寄り添いながら、対応していきます。

目的達成バージョン

ユーザーと対話を進めながら、目的のプランへと話を集約させていきます

例:旅行サイトや観光受付

旅行サイトや観光受付

※各目的に沿ったデータベースを構築

各目的に沿ったデータベースを構築
流通・旅行医療・福祉 IoT/製造ビッグデータ





アンケート/問合せ version

対話形式でユーザーの情報入力が可能ですので、AIとの会話を楽しみながらお客様の要望をヒアリングする事ができます。収集した情報はマーケティングデータとして、様々な形にアウトプットが可能です。

対話形式で必要な情報が聞けるため
お客様の方で面倒な入力作業を行なう必要はありません

  • 就職支援、結婚支援

  • 受付、イベント

  • ECサイト、ヘルスケア……

サービスのマーケティングや品質向上、マッチング向上に有効です

行政・生活





What’s AI platform

言葉の認識力

  1. 日本語は、漢字、平仮名、片仮名が混在しており、語彙の多さ、助詞や活用の多様さ、口語や略語には曖昧性と多様なニュアンスを含んでいるため世界的にも難しい言語とされています。

    一口に「食べる」と言っても、「食う」「食す」「召し上がる」「頂く」と、意味は同じでも表現が違う言葉があります。

    当社では、独自の辞書と行動タグで網羅していますので「食べる」に関する言葉は「eat」に集約されます。

  2. 漢字にも音読み/訓読みの2種類あり、さらには平仮名、片仮名も混成し、日本語は読みの多さも世界に比して多いとされています。その為、音声認識のテキスト変換時にも課題があるとされています。

    当社では、正表記(言葉の正しい表記)、ゆらぎ(片仮名読みや平仮名読み)、ゆらぎ原型(正表記とゆらぎの中間表記)という3種類の分類方法を用いています。

    通称・略称にも対応していますので、テキスト変換時の補正機能としても優れています。

  3. 例えば「スズキ」には、①苗字のスズキ、②魚のスズキ、③自動車会社のスズキ、の様に ひとつの言葉に複数の意味を持つ言葉が多数あります。

    当社では、文脈に合わせて言葉の意味を認識しますので、シーン毎に噛み合った会話をご提供します。

  4. 「夢」や「未来」、「美しい」や「やわらかい」と言った言葉からあなたは何を思い浮かべますか?

    当社では、言葉の継続性を重視していますので、掴みどころのない漠然とした言葉や「ふわふわ」「しとしと」などのオノマトペも理解し、ユーザーの意図を解釈しようとAIが努力します。

  5. 言葉は時流にあわせて、新たに作られていくものです。毎年、新語や流行語がうまれています。

    当社では、独自辞書のメンテナンスを丁寧に行っています。毎週更新しているため、例えば昨年の流行語「インスタ映え」等もキャッチします。

    また、「もしドラ」「アナ雪」などの略称にも対応しています。

  6. 「あれ」「それ」「これ」「次」「他」等の指示語を伝えても、前に話した内容を覚えているため、ユーザーの意図にあわせて的確に動作する事が可能です。

    IoTやロボティクスの分野では注目されている要素です。







学習機能(自浄作用)

AI自らが判断し、認識していく

・よくあるスマートスピーカーやチャットボット
機械が決まった応答をするために、予め言葉やシナリオを設定して対話を進める。

・当社のチャットボット
決まったシナリオではなく、対話から言葉と言葉の関係性を認識したり、ユーザー毎のプロフィールや発話内容を覚え、学習。

AIイメージ






文脈・意味の理解

  1. 文脈・意図、感情の理解


    人間でも急に話が変わると混乱しますよね?

    当社のAIも、前の発話内容を覚えている為、急に話を変えるとAIは困惑します。

    しかし「申し訳ありませんが、分かりません」の一点張りはせず、ユーザーの応答にあわせて、どんな言葉にでも反応し、相槌や質問などを返答します。

    また、喜怒哀楽以上の感情のパターンを理解します。ユーザーの感情を理解するだけでなく、AI自身の感情も変化します。

  2. 語感を読み取る


    キーワードに関連した言葉や係り受けの言葉を理解しているため、「買い物したい」「最高だったよ」「2時間しかない」「もらったデータはダメだった」「あのカフェ良いね」などの様な欲求(要望や落胆など) 言葉の持つ微妙なニュアンスを読みとります。

AIイメージ

感情を理解することで、ユーザーに寄り添った応答を心掛けます。







リスク検知と大衆化の理論

一般性・公共性を重視

差別的表現や誹謗中傷、その他危険と判断される用語を検知致します。想定ユーザーによっては、アダルト、宗教、戦争など特定のカテゴリーの言葉をフィルタリングする事も可能です。

一部の人だけが悪意やいたずらで使う言葉などは、大衆化の理論で、約7割に満たない言葉は一般的ではないと自動で判断します。

AIイメージ






外部連携(WEB、API、GPS)

外部コンテンツとの連携

  • WEB検索・・画像、Wiki、レシピ、などインターネット上の情報検索が可能です。

  • API連携・・Twitter等その他各種APIと連携可能です。

  • GPS連携・・GPSとも連携出来るため、現在地も確認できます。

iconイメージ
AIイメージ






各種ハードウェアとの連携

様々なユースケースに柔軟に対応

  • スマートスピーカー、ホームスピーカー

  • ロボット各種、コミュニケーションロボット

  • 受付、案内ロボット、見守りロボット

  • iPhone、iPad、Android、その他PC、タブレット

  • 自動車/カーナビ

  • ウェアラブル/スマートウォッチ

  • ドローンやVR、その他新しい機械

iconイメージ






Use Case

医療・福祉の場合

POINT

  1. 人の感情を読み取り、感情に沿った会話・相槌が可能。

  2. ユーザーとの対話から不足内容を補い、必要な情報を収集。

  3. 天気・ニュース等の外部コンテンツとの連携も可能。

Before After

< Before >

感情が読み取れず、寄り添った会話ができない

< After >

感情を読み取り、寄り添った会話の中で受付・健康状態の簡単なヒアリング、有用な情報の提供をお届け

チャットボットの場合

POINT

  1. キャラクターの設定(会話形式、語尾、性格等をキャラクターに合わせる)

  2. 表記が異なっても同じものを指す言葉として認識し、言葉のゆらぎを吸収。

  3. 差別的表現や誹謗中傷、その他危険と判断される用語を検知
    想定ユーザーによって特定のカテゴリーの言葉をフィルタリングする事も可能。

Before After

< Before >

呼び方が複数ある固有名詞を正確に認識できず、ちぐはぐな会話に。

< After >

固有名詞を正確に認識し、会話をスムーズに展開。キャラクターを持たせて他社との差異化も可能

生活・行政の場合

POINT

  1. 文脈・意図、感情を理解し、内容に沿った会話・相槌が可能

  2. ユーザーとの対話から情報をヒアリング、適切な情報を収集・提供が可能。

  3. ECサイト・レシピサイト等の外部コンテンツとの連携も可能。

Before After

< Before >

文脈・意図・感情が読み取れず、内容に沿った会話ができない。

< After >

文脈・意図・感情を読み取り、寄り添った会話の中で、情報をヒアリング・適切な情報をお届け

コールセンターの場合

POINT

  1. 話者によって異なるワード・聞き方を吸収可能。

  2. 「こそあど言葉」等の指示語を文脈から読み取ることが可能。

  3. 自己認識出来るため、キャラクター設定が可能。

Before After

< Before >

人に聞くことになるので時間が指定されてしまうため、オペレーターの質が悪いと時間もかかる。

< After >

何時でも、高品質なAIに尋ねて問題解決!

IoT/製造の場合

POINT

  1. 相手の意図/ニーズを理解し、最短距離での目的達成を可能に。

  2. 相手の感情や周辺状況を把握し、能動的な提案が可能。

  3. 言葉遣いが多少乱れても、誤差補正が可能。

Before After

< Before >

自分自身で考えたり、人に聞いていたりしても答えが定まらず、目的達成までに時間がかかる。

< After >

誰でも使える高品質なAIに尋ねて問題解決!

流通・旅行の場合

POINT

  1. 外部コンテンツとの連携により、幅のある情報提供が可能。

  2. 相手の感情を把握し、機嫌に合わせた提案が可能。

  3. 意図を理解出来ることで、ユーザーに寄り添った対応が可能。

Before After

< Before >

不明点を人に尋ねても、属人的な情報やパッケージ化された内容を回答され、ニーズと合わない。

< After >

トレンドも即反映される高品質なAIに尋ねて問題解決!

Steps

お打合せにて、お客様のご要望をお伺いし、
目的やターゲットにあったプランをご提案させて頂きます。
ご要望にあわせて機能を導入致します。
    例)FAQの場合
  • データ準備:AIに読み込ませるデータをお客様にご準備頂きます。
  • データ受取:データ受領後、当社でデータクレンジングを行います。
お客様へチャットボットのアカウントを発行致します。
  • サイト組込み型:お客様のサイトへ組込むタイプです。
  • Web画面型:Webブラウザからチャット画面にアクセスするタイプです

お客様のご要望に応じて、柔軟にカスタマイズ致します。