トップメッセージ

2020年、謹んで新年のお慶びを申し上げます。


2019年は自然災害が猛威をふるい各地で甚大な被害がありました。
復興も依然として道半ばですが、当社も関連する募金活動に協賛し、わずかではありますが 元の生活に戻る助けになればと切に願います。

さて、当社にとって昨年は事業の柱を自然言語解析から文脈を認識する対話プラットフォーム「スティアAI/SteerAI」への転換に集中致しました。
同時に企業体としてのスローガンでもある「言葉の力」は改めてラジオというメディアとの相性も良いのではと、積極的に投資を行ないました。

春からは「TBSラジオ」にて日本のみならずアジアで高い人気を誇るコスプレイヤーの「伊織もえ」さんをメインパーソナリティにした「いちごとレモンとマスカット」の提供を開始しました。

イチゴとレモンとマスカット

番組内では当社のスティアAIを基盤にした対話ロボット犬の「ドッチくん」を投入しラジオとアプリの密接な連携を実験的に導入。放送が終わった後もリスナーが「伊織もえ」さんに関わる事柄に夢中になれるような仕掛けを用意しました。
毎週、宝物探し的なクイズで一生懸命ドッチくんと会話のキャッチボールをしなければならず、苦労して得た答えに対するリスナーの想いも強く感じることがありましたので我々の想定以上の人気と結果を得ることができました。

続いて秋からは「TOKYO FM」にて日本ロック界の草分け的なミュージシャンである「原田真二」さんをパーソナリティにスティアAIによる詩の創作に挑戦しています。

The CHORD

初音ミクで著名なVOCALOIDでは歌を歌うロボットが登場し人々を驚かせていますが、秋元康さんや米津玄師さんらは歌詞の素晴らしさで多くの方を魅了し、まだまだロボットは人に及ばないことを証明されています。

原田真二さんもまた素晴らしい作詞をされる方で、個人的にもファンであったことから「TOKYO FM」の番組では、歌詞の魅力を深層学習し、ネットに溢れるニュースや投稿にインス ピレーションを得て、原田真二さんが過去、未来に、もしかしたらこういう詩を書いていたんじゃないかと予測し創作するアプリを投入しています。
また番組では人工知能スティアが創作した歌詞をその場で原田真二さんが曲を付け生演奏するというライブ感溢れる内容で関係者には感謝しています。

このテクノロジーの応用範囲は大きく、あるユーザーと一定量の会話をすることで言葉の癖を解析し、相手に寄り添った会話が時間の経過と共に円滑となるというものです。

複雑化する社会の中で孤独を感じる人は年々増加しているように感じます。
「スティアAI」は人に近いのではなく、むしろ人の限界を超え、会話に不得意なジャンルも無く話せば話すほど話し手に寄り添い、話題を広げていきます。
我々のテクノロジーは時には命を救えるようなミッションも可能になってくると信じています。

当社を御贔屓くださる皆さまには、引き続き本年も変わらぬご縁とお付き合いを何卒よろしくお願い申し上げます。

STEER AI(スティア・エーアイ)®
2020年 ジェットラン・テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長 兼 CEO 野武 浩